パーキンソン病の治療法とは?

現在における最良の治療法は
薬によって脳の線条体のドパミン不足を補う事です。

 

 

ドパミン補充薬をメインに、それぞれの症状に合わせた
薬を調合し薬の効果を最大限に引き出す薬物治療が
最も効果的とされています。

 

 

しかし、薬物治療では改善しない場合は
外科的な治療法も施されます。

 

 

薬物療法と外科的療法にはどのようなものがあるのか
これから詳しく見て行きましょう。

パーキンソン病の治療法記事一覧

現時点ではパーキンソン病そのものを「治す」薬はまだ存在しておらず、症状を引き起こしていると考えられる体内物質等を抑える薬のみとなっています。例えば不足しているドーパミンを補充するレボドーパ(L-dopa)や線条体のドーパミン受容体を刺激するドーパミンアゴニスト、残っているドーパミンの分泌を促進する塩酸アマンタジン等があげられます。他にも下記のような薬があります。モノアミン酸化酵素B(MAO-B)阻...

パーキンソン病の外科治療には,現在最も盛んに行われている脳深部電気刺激(DBS)のほか,温熱凝固・ガンマナイフを用いた破壊術,胎児脳などの移植術,硬膜外大脳皮質運動野刺激,グリア細胞由来神経栄養因子の被殻への持続注入,遺伝子治療などがあります。破壊術:脳の一部をこわす手術脳深部刺激療法(DBS):脳に電極をさし込み、電気刺激するガンマナイフによる視床破壊術、淡蒼球破壊術遺伝子治療:治療薬の効き目を...