外科的療法

パーキンソン病の外科治療には,現在最も盛んに行われている脳深部電気刺激(DBS)のほか,温熱凝固・ガンマナイフを用いた破壊術,胎児脳などの移植術,
硬膜外大脳皮質運動野刺激,グリア細胞由来神経栄養因子の被殻への持続注入,遺伝子治療などがあります。

 

破壊術:脳の一部をこわす手術

脳深部刺激療法(DBS):脳に電極をさし込み、電気刺激する

ガンマナイフによる視床破壊術、淡蒼球破壊術

遺伝子治療:治療薬の効き目を良くする酵素の遺伝子を脳に注入

外科的療法関連ページ

薬物療法