薬物療法について

現時点ではパーキンソン病そのものを「治す」薬はまだ存在しておらず、症状を引き起こしていると考えられる体内物質等を抑える薬のみとなっています。

 

 

例えば不足しているドーパミンを補充するレボドーパ(L-dopa)や線条体のドーパミン受容体を刺激するドーパミンアゴニスト、残っているドーパミンの分泌を促進する塩酸アマンタジン等があげられます。

 

 

他にも下記のような薬があります。

 

  • モノアミン酸化酵素B(MAO-B)阻害薬:ドーパミンの代謝(分解)を抑制
  • 抗コリン薬:過剰になったアセチルコリンの働きを抑制
  • ドロキシドーパ:脳内で少なくなったノルアドレナリンを補充
  • カテコール-O-メチル転移酵素(COMT)阻害薬:レボドーパの代謝を抑制
  • グルタチオン点滴療法:ドーパミン受容体の感受性を高める

 

これらの薬は一生飲み続ける事になりますが、飲み続ける事によって寿命が短くなる事はありません。

L-ドーパ(L-DOPA)

パーキンソン病で不足しているドーパミンの補充として使われる。

 

この薬剤は抗パーキンソン病薬の中では最も効果の強い薬。

 

L-ドーパは服薬すると小腸で吸収され、血管の中に入る。
血管の中には、L-ドーパを分解する酵素があり、
脳内に入る前に分解されその効力を失ってしまうものもある。

 

血管内のドーパを分解する酵素を阻害する物質をドーパと
いっしょに服用すると、分解されるドーパの量を少なくできる。

 

このように、L-ドーパとドーパを分解する酵素を阻害する物質を
いっしょにした薬が合剤とよばれ、単剤に比べ効果は4〜5倍に達する。

 

一緒に含まれるL-ドパ分解阻害剤には、ベンゼラジドとカルビドパの
どちらかが用いられる。

薬物治療を始める時期

薬物療法を始める場合は、正確な診断が必要になります。
同時に患者が運動障害等により、日常生活で支障を
きたしていなければ治療を開始しないのが原則となっています。

 

  • 日常生活に支障がない程度の軽い症状
  • 本人が治療を希望しない場合

 

これらに当てはまる場合は治療を開始しません。

薬は初めから大量に使わない

最初から100%の効果が出るほど大量に使ってしまうと
薬効が早く切れてしまい、症状を抑えるのが難しくなってきます。

 

 

薬の量は7〜8分目の効き目で服用し、
効果が長く続くように調整する事が大切です。

 

  • 薬を最初から沢山使わない
  • 薬の量は7〜8分目の効き目で服用する

薬物療法関連ページ

外科的療法