パーキンソン病の発症抑える仕組み解明

これはかなりの朗報ですよね!パーキンソン病の発症を抑える仕組みが解明されたとのこと!

 

仕組みの解明により、新薬の開発や新しい治療法が確立される事を望みます。それまで出来ることを確実に行っていきましょう(*^^*)

 

神経難病「パーキンソン病」の発症を抑える仕組みを、田中啓二・東京都医学総合研究所長らのチームが解明し、 21日の英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」 電子版に発表した。

 

パーキンソン病の原因となる細胞内の小器官 「ミトコンドリア」の異常を早期に見つけることが可能になり、 病気の早期発見、治療に役立つという。パーキンソン病のうち20〜30代で発症する 「若年性パーキンソン病」は、二つの遺伝子が働かないことでミトコンドリアの異常が蓄積し、運動障害が起きる。

 

チームは、二つの遺伝子のうち「ピンク1」の働き方を調べた。 その結果、ヒトの正常なピンク1遺伝子は、ミトコンドリアに異常が起きるとリン酸と結び付いて働き始め異常ミトコンドリアが分解された。

 

一方、若年性パーキンソン病患者のピンク1遺伝子は、リン酸と結び付かず機能しなかった。

 

チームの松田憲之主席研究員は「異常ミトコンドリアの増加や分解が進まないときに、リン酸と結びついたピンク1遺伝子を検出する方法を開発すれば、病気の早期発見につながる」と話す。 【永山悦子】


〜引用元〜

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120822-00000001-mai-soci

発症抑える仕組み解明関連ページ

パーキンソン病の原因となる遺伝子が発見されました
パーキンソン病の原因となる遺伝子が発見されました。ミトコンドリアの電子伝達系の新しいパーキンソン病発症の仕組みです。
パーキンソン病がiPS細胞で改善する可能性は?
再生医療として注目を浴びているiPS細胞。このiPS細胞を使ってパーキンソン病を改善できるのでは?と期待が高まっています。