姿勢反射障害

パーキンソン病では、立つ事は出来ても前方や後方に押された時に反射的に手を動かしたり、足を一歩踏み出すなどの動作でバランスをとる事が出来ず、転倒してしまいます。

 

この症状を姿勢反射障害と呼び、立ちなおり反射障害とも言われています。