矛盾性運動

すくみ足で一歩も踏み出せない患者でも、床にテープなどで線が引いてあり、これをまたごうとすると足が出る事が知られています。そのため、横断歩道や登り階段では足が上手く出ます。この特徴を矛盾性運動と言います。