自律性神経障害(失調)

体の内外からの情報や刺激に反応しながら生命維持のために心臓や胃腸の働き、血圧呼吸など全身の臓器や組織を自動的に制御している神経を自律神経と言い、この神経が適切に働くなくなる状態を自律性神経障害(失調)と言います。

 

 

また、自律神経症状とは自律神経に2つある交感神経と副交感神経が機能しなくなって起こるもので、体全体にその症状が現れる事になります。