嚥下障害

唾液は一日に500ml位出るとされていますが、病気によって自然に飲み込めなくなるため、よだれとなって溢れてしまいます。

 

 

この飲み込みが出来なくなる事を嚥下障害と言い、病気の進行とともにこの症状が悪化してきます。