長期大量レボトパ投与症候群

運動障害のウェアリング・オフ現象、オン・オフ現象、ジスキネジア、すくみ現象等の症状を指します。

 

 

L-ドパ合剤の使用量が1日300mgを超えると起こりやすい。