パーキンソン病について

特定疾患治療研究事業の対象45疾患のうち、パーキンソン病には「軽快者認定」がある。

 

軽快者とは、特定疾患医療費等助成対象者が、 治療の結果、次のすべてを1年以上満たした場合のことで、医療費等助成の対象外となる。

 

  • 疾患特異的治療が必要ない
  • 臨床所見が認定基準を満たさず、著しい制限を受けることなく就労等を含む日常生活を営むことが可能
  • 治療を要する臓器合併症等がない

身体障害者手帳

『身体障害者福祉法』で、身体障害者とは身体障害者手帳の交付を受けた18歳以上の方をさすが、身障手帳を持つことによって更生医療や補装具の交付などの 福祉サービスが受けられるようになる。

 

パーキンソン病では、病気の進行に伴って四肢に障害を受けるので、手帳の交付対象になる。申請は最寄の市町村の福祉窓口にて受付け、審査は都道府県で行う。障害の重さに応じて等級が付けられる。

特定疾患認定申請の方法

近くの保健所へ下記書類を提出する。

 

  • 請書兼同意書 (臨床調査個人票の研究利用についての同意書)
  • 臨床調査個人票(医師が記入)
  • 住民票 (世帯全員がのっているもの)
  • 健康保険証のコピー
  • 世帯調書
  • 課税証明書

特定疾患治療研究事業認定基準

特定疾患治療研究事業の対象範囲は、診断基準に従ってパーキンソン病と診断された者のうち、ヤール重症度3度以上で、かつ日常生活、通院に部分又は全面介助を要する生活機能障害度2〜3度の者。